2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイパンデリヘル嬢に流れで無許可で中出し!

kage

2015/08/23 (Sun)

144013758415.png






ホテルで久々にデリヘルを呼びました。
緊張して待っていると、来たのは21歳ぐらいの若い綺麗な娘!余計に緊張してきました。

彼女も少し緊張しているようで、会話が続かずどちらからともなく「シャワーに行きますか?」と早速シャワーに二人で向かいます。
彼女は優しく自分の服を脱がしてくれました。そして自らの服を脱ぐと色白な体が露出します。下着が黒なので余計色白が映えます。
そして下着を脱ぐとあらわれたのは綺麗なパイパンマンコ! 体はポッチャリという程ではなく、程よく抱きごこちがよさそうな感じです。

シャワーをすませベッドに移るとお互いの緊張もほぐれてきました。
会話の流れでキスから入り、自分が横になると、彼女は自分の腰のタオルを獲りチンポをまさぐり始めます。チンポを見つめる嬉しそうな目線が何とも言えません。
乳首をいやらしく舐めながらチンポをニギニギしてもらっただけでビンビンになってしまいます。
彼女のテクニックの良さが何となくわかったところで攻守交替で、彼女の綺麗なマンコ攻めをします。指と舌で軽くいじくると、早くも彼女からいやらしいうめき声が聞こえ始めます。
マンコをいじりながらフェラをしてもらい、彼女の舌使いの触りを味わったところで、楽しみは後にとっておくべくオプションの電マ攻撃をお願いしました。
彼女は嬉しそうに鞄から電マを取り出します。どうやら電マが好きな様です。
電マをマンコに当ててグリグリすると、たちまち彼女は「アㇵ〜ン♡!」と激しく悶え始め、執拗に攻撃すると、とうとうイッてしまいました・・・。

その後、フェラ第二弾で仁王立ちフェラをしてもらいます。
「気持ちいですかぁ~♡?」「ピクピクしてる・・」などと言いながらペロペロジュポジュポチンポを舐めまわします。
そして自分が横になり普通のフェラをしてもらい、また彼女のお尻をこっちに向け電マ攻めをする変形69をしたりして楽しみます。

調子に乗って電マオナニーをお願いすると、電マ好きの彼女は「しょうがないな~」とか言いながら嬉しそうにオナナーします。
自分の両手で電マを持ち、足をだらしなくがに股に広げマンコに当てます。途中フェラをしてもらいながらオナニーを続けたりしているうちにまた彼女はイッてしまいました。

彼女が満足げに少し放心状態になっているところで、大股開きの脚の間に入りながら「入れちゃおっか・・?」と言ってみます。彼女は「ウン?」と軽く聞き返してきたので、「いれちゃおッ」と言うと「ウフン?」と曖昧な返事とも取れないような声を出します。

まずは正常位素股みたいな雰囲気を出して、チンポをマンコに近づけるとスッと彼女の左手がチンポに添えられ、「入っちゃうよ~・・」と甘ガードします。
入れない入れないみたいな感じでチンポをマンコにスリスリします。
クリ周辺をスリスリするうちは彼女も「ウフン♡」と気持ちよがってくれますが、チンポをマンコの下の方に持っていき穴付近に到達すると彼女はクッと腰を浮かしガードします。
「ダメよ入れちゃ・・」と言いながら、いつの間にか左手がお尻の下から伸びてきていつでもガードできる体制になっています。
クリ⇒「アン♡」穴⇒腰クッ・・の攻防をしばらく続けていると腰クッが無くなっていき、左手はいつの間にかガードポジションから解けてます。
いけるかなっと思い、クリ穴クリ穴のズリズリから穴穴穴のズリズリに変更し、一気にチンポをマンコにズニュっと挿入してみました。
彼女は少し驚いて「アン!!・・・ダメだよ・・」と言って一旦チンポを反射的に抜きますが、それにもめげずズリズリしていると、一瞬入ったチンポの感触が忘れられないのか、彼女はとうとう自分でチンポを握りマンコに導いてきました。
ズニュ〜っと一気に挿入すると、「アㇵ〜!アァ~!!気持ちい♡!!」と一気に全開の喘ぎ声を発します。
そこからは、正常位⇒騎上位⇒バックでハメまくります。

最後の正常位で突きまくると、精子が金玉から込みあげてくるあの『男でよかった!』おなじみの感触がやってきます。
甲高い声を上げ感じまくっている彼女に、突きまくりながら「あ~っイッちゃいそう!イッていい!?」と聞くと、彼女は「お中に出してぇ~!!」と言ってきます。彼女が「お中に・・・」と言ったところで自分が「中」だと思い、かぶせ気味に「中でいいの?」と言ってしまったもので、彼女の「・・・出してぇ~!」と自分の「中で・・・」が丸かぶりになってしまいゴチャゴチャしてしまい、彼女は自分の「・・・いいの?」だけを何とか認識しって、「ウン♡!」と言った形になってしまいます。

自分は「ア~ッイク!!」と言って大量の精子をドクドク彼女の膣内に放出しました。
瞬間彼女は感じながらも「ウン?!」と少し驚いたリアクションをしますが、気持ちよさが勝ってるみたいです。
笑いながら「お腹って言ったのに〜♡」と言っても後の祭り・・・。
シャワーで洗い流したら何とかなるとごまかしたら、何とか納得してくれました・・・。





↑気に入って頂けたらバナークリックで応援お願いします_(._.)_
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。